世界映画史上ベスト10

英国映画協会(British Film Institutre)が、1952年から10年毎に行っている「映画史上トップテン」を一覧表にしてみました。「キネマ旬報」の伝統の方式にならい、ランキングしてあります。
オーソン・ウェルズ監督の「市民ケーン」は、1962年以来第1位に選ばれ、不滅のベストワンです。日本の映画では、黒澤明監督の「七人の侍」「羅生門」「生きる」、小津安二郎監督の「東京物語」、溝口健二監督の「雨月物語」が選出されています。いずれも必見の名作ばかりです。

なお、コメントは、私より遥かに素晴らしい解説をされた方がいますので、下記の推薦図書を参考にして下さい。

「淀川長治 映画ベスト1000」 淀川長治/著、岡田喜一郎/編・構成 河出書房新社 2000年5月25日発行

B.F.I. 「世界映画史上トップ10」
映画題名
Title
2012
(批評家)
2012
(監督)
2002
(批評家)
2002
(監督)
1992
(批評家)
1992
(監督)
1982197219621952
市民ケーン
Citizen Kane
(1941:、O.ウェルズ)
12
ゲームの規則
La Regle du Jeu
(1939:、J.ルノワール)
  10
めまい
Vertigo
(1958:、A.ヒッチコック)
  
8・1/2
Otto e Mezzo
(1963:、F.フェリーニ)
10 
戦艦ポチョムキン
Бронеосеч Потемкин
(1925:露、S.エイゼンシュテイン)
 11  
東京物語
Tokyo Story
(1953:、小津安二郎)
     
ゴッドファーザー
The Godfather
ゴッドファーザーPart2
The Godfather Part 2
(1972,1974:、F.F.コッポラ)
 

 
 

 
2001年・宇宙の旅
2001: A Space Odeyssey
(1968:米・英、S.キューブリック)
 10   
自転車泥棒
Ladri di Biciclette
(1948:、V.デ・シーカ)
 10     
情事
L'avventura
(1960:、M.アントニオーニ)
      
裁かるゝジャンヌ
La Passion de Jeanne d'Arc
(1928:、C.ドライアー)
   10  
レイジング・ブル
Raging Bull
(1980:、M.スコセッシ)
     
アタラント号
L'Atalante
(1934:、J.ヴィゴ)
 12    10 
捜索者
The Searchers
(1956:、J.フォード)
 11  10  
七人の侍
Seven Samurai
(1954:、黒澤明)
  11 10  
グリード
Greed
(1924:、E.フォン・シュトロハイム)
        
雨に唄えば
Singin' in the Rain
(1952:、G.ケリー、S.ドーネン)
       
サンライズ
Sunrise
(1927:、F.W.ムルナウ)
        
雨月物語
Ugetsu
(1953:、溝口健二)
       10
街の燈
City Lights
(1931:、C.チャップリン)
         
黄金狂時代
The Gold Rush
(1925:、C.チャップリン)
         
偉大なるアンバーソン家の人々
The Magnificent Ambersons
(1942:、O.ウェルズ)
        
アラビアのロレンス
Laurence of Arabia
(1962:米・英、D.リーン)
       

La Strada
(1954:、F.フェリーニ)
        
タクシー・ドライバー
Taxi Driver
(1976:、M.スコセッシ)
      
仮面・ペルソナ
Persona
(1966:西、I.ベルイマン)
       
博士の異常な愛情
Dr. Strangelove
(1963:、S.キューブリック)
       
ルイジアナ物語
Louisiana Story
(1948:、R.フラハティ)
         
イントレランス
Intolerance
(1916:、D.W.グリフィス)
         
地獄の黙示録
Apocalypse Now
(1979:、F.F.コッポラ)
      
大地のうた
Pather Panchali
(1955:印、S.ライ)
       11
モダン・タイムス
Modern Times
(1936:、C.チャップリン)
         
大列車強盗
The General
(1926:、B.キートン、C.ブルックマン)
      10  
イワン雷帝
Иван Грозный
(1944:露、S.M.エイゼンシュテイン)
         
陽は昇る
Le Jour se Leve
(1939:、M.カルネ)
         
羅生門
Rashomon
(1950:、黒澤明)
    10    
カメラを持った男
Человек с киноаппаратом
(1929:露、D.ヴェルトフ)
         

Зеркало
(1974:露、A.タルコフスキー)
      
揺れる大地
La Terra trema
(1948:、L.ヴィスコンティ)
         
野いちご
Smultronstallet
(1957:西、I.ベルイマン)
       10 
逢びき
Brief Encounter
(1946:、D.リーン)
         10
二十四時間の情事
Hiroshima mon amour
(1959:、A.レネ)
        11
生きる
Ikiru
(1952:、黒澤明)
       12 
ル・ミリオン
Le Million
(1931:、R.クレール)
         12
サン・ソレイユ
Sans soleil
(1982:、C.マルケル)
      
ショア
SHOAH
(1985:、C.ランズマン)
      

英国映画協会の「映画史上トップテン」を発表する「Sight and Sound」誌は、2002年に1978年以降の近年のベスト作品を選出しました。1位には、「地獄の黙示録, Apocalypse Now」が、2位には、「レイジング・ブル, Raging Bull」が選ばれました。、3位は、「ファニーとアレクサンデル, Fanny Och Alexander」(1982:西・仏・独、I.ベルイマン)、4位は、「グッドフェローズ, Goodfellas」(1990:米、M.スコセッシ)、5位は、「ブルーベルベット, Blue Velvet」(1986:米、D.リンチ)が選ばれました。
そして、2014年に「ドキュメンタリー映画史上トップテン」が発表されました。1位には、「カメラを持った男, Человек с киноаппаратом」で、2位と3位には、「サン・ソレイユ, Sans soleil」「ショア, Shoah」が選ばれましたので追記しました。


参考までに、米国映画協会(American Film Institutre)が、1998年と2007年に選出した米国映画史上のトップ100の内、トップ10を紹介します。米国の映画関係者約1500人による選ばれました。B.F.I.による世界の映画関係者による選出作品もありますが、アメリカ人の好みも窺え、興味深いものがあります。
A.F.I. 「米国映画史上トップ10」
映画題名
Title
20071998アカデミー賞
ゴールデングローブ賞
市民ケーン
Citizen Kane

(1941:米、O.ウェルズ)
第14回アカデミー賞・ノミネート
ゴッドファーザー
The Godfather

(1972:米、F.F.コッポラ)
第45回アカデミー賞・作品賞
第30回ゴールデングローブ賞・作品賞
カサブランカ
Casablanca
(1942:米、M.カーティス)
第16回アカデミー賞・作品賞
風と共に去りぬ
Gone With The Wind
(1939:米、V.フレミング)
第12回アカデミー賞・作品賞
アラビアのロレンス
Laurence of Arabia

(1962:英・米、D.リーン)
第35回アカデミー賞・作品賞
第20回ゴールデングローブ賞・作品賞
第16回英国アカデミー賞・作品賞
雨に唄えば
Singin' in the Rain

(1952:米、G.ケリー、S.ドーネン)
10第6回英国アカデミー賞・ノミネート
レイジング・ブル
Raging Bull
(1980:米、M.スコセッシ)
 第53回アカデミー賞・ノミネート
オズの魔法使
The Wizard Of Oz
(1939:米、V.フレミング)
10第12回アカデミー賞・ノミネート
シンドラーのリスト
Schindler's List
(1993:米、S.スピルバーグ)
第66回アカデミー賞・作品賞
第51回ゴールデングローブ賞・作品賞
第47回英国アカデミー賞・作品賞
卒業
The Graduate
(1967:米、M.ニコルズ)
 第40回アカデミー賞・ノミネート
第25回ゴールデングローブ賞・作品賞
第22回英国アカデミー賞・作品賞
波止場
On The Waterfront
(1954:米、E.カザン)
 第27回アカデミー賞・作品賞
第12回ゴールデングローブ賞・作品賞
第8回英国アカデミー賞・ノミネート
めまい
Vertigo
(1958:米、A.ヒッチコック)
  


アメリカ映画史上ワースト5
ついでに、ゴールデンラズベリー賞のワースト3を紹介します。ゴールデンラズベリー賞は、通称ラジー賞と称され、アメリカで1980年に創設されました。優秀な映画ではなく、最低な映画の審査を行います。と言っても、いわゆるB級・C級作品だけではなく、前評判と完成作品の激しいギャップや、実績があるにも関わらず駄作にしてしまった監督や出演者を選考しています。また、ラジー賞創設以前の最低映画も紹介し、アメリカ映画史上ワースト5とします。
プラン9・フロム・アウタースペース Plan 9 From Outer Space
1959年、エド・ウッド監督の作品。エド・ウッドは、米史上最低の監督と言われています。宇宙人が地球人の死体を蘇みがえらせて、侵略の手先に使う話しです。宇宙ドラキュラ役のベラ・ルゴシは、撮影開始早々に死去してしまったので、代役を起用しました。顔をマントで隠したり、後ろ向きで登場するのが代役です。セットがチャチで、まるでオモチャですし、車が通っても平然と撮影されています。ストーリーもいい加減で余りにも馬鹿馬鹿しく、苦笑せざるを得ません。この映画は監督自身が最高傑作と信じていた作品であり、カルト的な人気があるようです。
死霊の盆踊り Orgy of The Dead
1965年、A・C・スティーブン監督の作品。脚本がエド・ウッドですので、いきなりイヤな予感がします。そうです、これぞアメリカ史上最低最悪の映画です。人によっては、Z級映画と称します。演出、演技、撮影、編集など、全てが異常なまでに最低です。ストーリーらしきものを書きますと、小説家のボブが、恋人とネタ探しに真夜中に墓場をドライブします。墓場では、夜の帝王と闇の女王が死霊たちの宴を開いていました。夜の帝王役のクリスウェルの視線がおかしな方向にあると思ったら、カンニングペーパーを読んで台詞を言っています。しかも棒読み。夜中のはずなのに、突然真っ昼間になったり、夜になったり。映画のシーンのほとんどが女死霊の(盆)踊り、しかもヘタ。捕まったボブとその恋人は、拷問に掛けられると思いきや、踊りを見させられるだけです。到底最後まで観賞できずに、居眠りしてしまうでしょう。
愛と憎しみの伝説 Mommie Dearest
1981年、フランク・ベリー監督の作品。女優のジョーン・クロフォードの養女クリスティーナ・クロフォード原作で、ジョーンが自分の優しさをアピールする為に養女を貰ったが、実際には虐待していたという自叙伝です。しかし、監督はジョーンの人物を描き切れず、ジョーン役のフェイ・ダナウェイの演技がオーバーでやりすぎてしまっています。
ショーガール Showgirls
1995年、ポール・バーホーベン監督の作品。アメリカのショービジネスの暗部を描こうとしていますが、余りにも露骨すぎる暴力とセックスシーンの演出で、肝心の人物描写が浅い結果となっています。しかし、カルト的な評価も得ています。でも、やはり名作とは言い難いでしょう。
バトルフィールド・アース Battlefield Earth
2000年、ロジャー・クリスチャン監督の作品。新興宗教の教祖であるロン・ハバードの原作を信者のジョン・トラボルタが製作・主演した映画です。ベストセラーを記録したようですが、観たのは信者ばかりで、おまけに米映画最高傑作と宣伝しまくっていました。名作「猿の惑星」シリーズと「スター・ウォーズ」シリーズをバクッたにしては酷い駄作です。日本でも、某カルト宗教の映画が、大手映画会社で配給して顰蹙を買ったことがありましたね。


次の表は、113人の映画のプロフェッショナルによる、日本で初めての世界映画ベストテンです。1995年10月に、映画誕生100年を記念し、古今東西を区別せず、「キネマ旬報」の伝統の方式でランクされました。日本人の嗜好が反映されていますね。
また、2715人の読者が選んだ世界映画オールタイム・ベストテンも併記しました。プロとの選考基準の違いが現れています。
キネマ旬報「世界映画オールタイム・ベスト10」
映画題名
Title
1995
(プロ)
1995
(読者)
キネマ旬報ベストテン
七人の侍
Seven Samurai

(1954:、黒澤明)
第28回(1954) 日本映画第3位
市民ケーン
Citizen Kane

(1941:、O.ウェルズ)
(18)第40回(1966) 外国映画第2位
2001年・宇宙の旅
2001: A Space Odeyssey

(1968:米・英、S.キューブリック)
第42回(1968) 外国映画第5位
東京物語
Tokyo Story

(1953:、小津安二郎)
10第27回(1953) 日本映画第2位
天井桟敷の人々
Les Enerants du Paradis
(1945:、M.カルネ)
第26回(1952) 外国映画第3位
戦艦ポチョムキン
Бронеосеч Потемкин
(1925・露、S.エイゼンシュテイン)
(28) 
駅馬車
Stagecoach
(1939:、J.フォード)
(17)第17回(1940) 外国映画第2位
ウェスト・サイド物語
West Side Story
(1961:、R.ワイズ、J.ロビンス)
(50)第35回(1961) 外国映画第4位
甘い生活
La Dolce Vita
(1959:、F.フェリーニ)
 第34回(1960) 外国映画第2位
大いなる幻影
La Grande Illusion
(1937:、J.ルノワール)
10(21)第23回(1949) 外国映画第2位
第三の男
The Third Man
(1949:、C.リード)
(11)第26回(1952) 外国映画第2位
ローマの休日
Roman Holiday
(1953:、W.ワイラー)
(34)第28回(1954) 外国映画第6位
アラビアのロレンス
Laurence of Arabia

(1962:英・米、D.リーン)
(22)第37回(1963) 外国映画第1位
ゴッドファーザー
The Godfather
ゴッドファーザーPart2
The Godfather Part2

(1972,1974:、F.F.コッポラ)
(18)第46回(1972) 外国映画第8位

第49回(1975) 外国映画第8位
風と共に去りぬ
Gone With The Wind
(1939:、V.フレミング)
(13) 

La Strada

(1954:、F.フェリーニ)
(36)第31回(1957) 外国映画第1位


(c) J. Shinshi

戻る | ホーム